ドイツ製 歯科用CT GALILEOS(ガリレオス)

 当院ではドイツ製 歯科用CT GALILEOS(ガリレオス)を導入しています。
 

  • ドイツ・シロナデジタルシステムズ社製歯科用コーンビームCTスキャンにより下顎管の位置、上顎洞等がわかり、安全に手術ができます。

  • 直径15cmの球形サイズを僅か14秒で撮影しますので、1回の撮影で上下顎のほぼ全域を撮影できます。
  •   
  • 患者様のX線被爆量は、同範囲の撮影で、一般的な医科用CT(頭頚部500μSvとした場合)と比べ、約1/17の低被爆を実現しています。また、歯科用コーンビームCTの中でも最小クラスの低被爆線量で正確な計測ができます。
  •   
  • 豊富な画像処理ソフトで見たい箇所を的確に診断することができます。
  
  ガリレオス紹介動画はこちらをクリックして下さい。
  ※音が出ます。

     

歯科CT人間ドック

 一年に一度、精密なCTを使った診断を受けましょう。
 歯と歯ぐきの病気、顎関節・副鼻腔の状態を正確に診査できます。

 検査 30分
 説明 30分(後日)
 合計 1時間

 費用1回 22,000円(税込)

   


歯科診療所向けCT撮影サービス

当院では患者様の撮影を承ります。

撮影料
 撮影1回 基本料 15,000円(税別)
 (インプラントシュミレーション等 別途)

お申し込み方法
下のボタンをクリックしてお申込書(FAX用PDFファイル)をダウンロードし、印刷後必要事項をご記入の上、当院までFAX(06-6969-2877)してください。


撮影データのお渡し方法
・各種の計測などが可能なビュワーソフト付データをCD-Rでお渡しできます。
・各種ソフト(Simplant等)に対応したDICOMデータでも出力できます。

注意点~Wrap&Go(ラップアンドゴー)とDICOM(ダイコム)の出力形式の違いについて~
Wrap&Go(ラップアンドゴー)
  • SIRONA特有のデータエクスポート方法で、SIRONAフォーマットデータとGALAXISビュアーソフトが一緒に書き込まれます。初めて開くPCではビュアーインストールが自動的に立ち上がります。
  • DICOMビューアを準備する必要はありません。

DICOM(ダイコム)
  • 医療標準のフォーマットで患者データや撮影条件などが、画像データ内に埋め込まれています。
  • DICOMデータのみでビュアーソフトは添付されません。
  • 医院様で2D DICOMビューアまたはSimplant、Nobel Guide、10DR、Osirix等の3D DICOMビューアを準備する必要があります。

マイクロスコープ(手術用顕微鏡)


 当医院ではカール・ツァイス社製の手術用顕微鏡を2台使用しています。

 カール・ツァイス社製の手術用顕微鏡 『ピコ・モーラ』は、拡大視野(4~25倍)下で、正確な診断、治療が可能となり、また画像として、記録を残すことがルーティンとなり、今後の診療技術向上の糧となります。

 厚生労働省も、この手術用顕微鏡を使用しての治療を先進医療として認定することになっており、公的にも評価される環境が整いつつあります。よく見えることはよく診ることにつながります。

 皆様の歯科医療サービスに強力なるパートナーが参加してくれました。


ピエゾサージェリー

当医院では無痛外科手術を行っています。




レーザー治療器

当医院ではモリタのEr:YAGレーザーを使用しています。



<特徴>
★痛みの少ない治療

表層にのみ反応が起こり熱の発生が微小なため痛みが非常に少ないという特徴があります。

★身体組織に負担の少ない治療
Er:YAGレーザーは蒸散という反応が照射部の表層に限定されているため 透過光による組織深部への影響が少なくてすみます。


<治療例>

※症例によっては適応外の場合もあります

Copyright(c) 2013-2017 山田歯科. All Rights Reserved.